アビダ タワー リアラ 安心した投資のお約束

安心した投資をお約束できる理由とは?

安心の投資
投資に常にリスクとリターンのトレードオフです。金融投資や事業投資、株式投資など様々な投資商品が世の中には存在しており、とかく日本では投資詐欺も多いため敬遠される方も多いかと思います。

しかしながら、先々の円安や少子高齢化を見据えた際に、将来のための投資という選択肢は必要不可欠の時代です。
そんな中、なぜフィリピン不動産投資が安心の投資先なのか?また、その中でも「アビダ タワー リアラ」がより一層安心して投資ができるのかのポイントをご紹介しております。

» 「なぜ今フィリピン不動産投資なのか?」もあわせてご覧ください。

1.フィリピンNo.1のデペロッパー「アヤラランド」が手がける開発計画

アヤラランドはフィリピン最大手の財閥系デベロッパーであり、いままで数々の開発計画で成功をおさめ、フィリピンの発展に寄与しております。
不動産投資は資金調達がショートし計画自体が履行されない事や、竣工後に配当が滞る事が稀にありますが、大手デベロッパーであるためそのようなリスクが極めて低いと言えます。

2.銀行ローンを組まないで毎月返済できる

銀行から融資を受けなくとも、月々手元で支払える金額から投資が可能です。
不動産投資は投資元本を現地の銀行などの融資で調達する事が多いですが、利回りと利息が相殺されるため、十分なROIを発揮するまでに時間がかかり、リスクが上昇すると言えます。

3.申し分のないロケーション

フィリピン有数のリゾートであり近代都市てあるセブ島の中でも、都心の経済特区ITパークに位置し、入居率を気にする心配もございません。
セブは経済も飛躍的な成長を遂げており、他国の新規開発エリアと異なり安定した受給バランスが見込まれ、フィリピン人の入居はもちろんのこと、外資系の駐在員や富裕層も多く安定した利回りを期待できます。

4.フィリピンの経済や人口増加

フィリピンの人口約9400万人のうち、30%以上が15歳以下で、2040年には1億4000万人にもなると想定されているフィリピン。
セブはフィリピン国内でも「経済」「教育」「観光」などの様々な事業が内資・外資含め盛んなため、雇用も生まれやすい土地です。そのため、今後不動産の需要は必ず高まると言えます。

5.不動産価格は日本と違い上昇している

フィリピンの不動産価値が高まる事は上記理由により明らかですが、少子高齢化で人口は少なくなり、不動産購入層が減少する日本はその逆で不動産価値が総体的に下がっていく事が予想されます。
国内不動産への投資という選択肢もありますが、どちらを選ぶかというと将来が有望な方を選択する方がリスクが低いと言えます。

6.ペソ建てでの資産をつくりリ、リスクヘッジ

日本は円安トレンドに入り、実態経済や国債発行額など様々な要素によってより一層の円安になる事が予想されています。つまり、外貨建て資産を保有することが貨幣価値における将来的なリスクヘッジと言えます。
対ペソにおいても、ネクストイレブン(米大手投資銀行ゴールドマン・サックスが2007年の経済予測レポートの中で、BRICsに次ぐ急成長が期待されるとした11の新興経済発展国家群)に選ばれたフィリピンの為替価値が高まる事が予想されます。
また、月々の投資となるため、為替の上下変動があってもドルコスト平均法で一定額を同じ日に支払う事によって為替差損を防ぐ事が可能です。

7.賃貸利回りは12%期待できる

「アビダ タワー リアラ」は、デベロッパーの規模や物件のロケーションなど様々な優位性から竣工後約12%の賃貸利回り(インカムゲイン)が期待できます。
もちろん竣工後の譲渡益(キャピタルゲイン)で利益を取っていただく事も可能です。