アビダ タワー リアラのご紹介

アビダブランドの中でも最新の開発計画

アビダタワーリアラ夜景
「アビダ タワー リアラ」はフィリピンでも有数のリゾート地であるセブ島の中心部で、現在建設が進んでいる高級コンドミニアム物件です。

今後のセブ島の人口増、商業的な発展を見越した、現地富裕層や様々な企業の駐在員が居住するコンドミニアム物件として建設が進められております。

» アビダ タワー リアラのオフィシャルウェブサイトはコチラ(外部サイト・英語)

開発プラン図
敷地内には5つの高層タワーが立ち並び、そのタワーに囲まれるよう中央には居住者の憩いの場となる公園が設けられます。

←クリックで拡大

開発はフィリピン最大手デベロッパー「アヤラランド」

ayalaland
「アビダ タワー リアラ」はフィリピンの開発最大手、財閥系デベロッパーの「アヤラランド」が手がける「アビダランド」の中でも最新の開発計画です。

» アヤラランドのオフィシャルウェブサイトはコチラ(外部サイト・英語 ※音声が流れます)

» アビダランドブランドのオフィシャルウェブサイトはコチラ(外部サイト・英語)

フィリピン セブ島 ITパークの好立地

ITパーク
セブには『ITパーク』というエリアがあります。ビジネスの経済特区に指定されており5年間法人税免除されるため特に発展しているエリアです。多くの企業の本社がここに位置し、そこは世界の有名企業のオフィスやコールセンターなどが多く存在します。

※フィリピンは世界的にも英語の水準が高い国で知られており、セブ島には多くの欧米企業がコールセンターのアウトソースをしています。日本や韓国でも人気の語学留学先でもあります。

アヤラセンターセブまた、ITパークの近くにはアヤヤランドが運営する巨大ショッピングモールアヤラセンターがあります。

アヤラセンターはセブ最大級の高級ショッピングモールで、本館と新館(ザ・テラス)からなっています。本館には、輸入物が揃うルスタンスデパートと食料品店および庶民派のメトロのデパートとスーパーマーケットが入ってます。

また、各種テナント(約360軒などが)が入ってます。
延床面積:268,000平米ののぼる1994年にオープンした大型高級ショッピングモールです。2008年10月には60億ペソ(約120億円)をかけ「ザ・テラス(The Terraces)」をオープンするなど、エリアの成長に比例した急速な発展を遂げています。

ロケーションマップ

開発エリア

大きな地図で見る