アビダ タワー リアラ 投資出口戦略

竣工までの投資方法

投資出口戦略図1
フィリピンは新興経済発展国ということもあり銀行金利が非常に高いです。7.5%以上します。
金利が高いせいか、フィリピンではデペロッパーが資金調達のため独自でローンを組んでくれます。もちろん銀行ローンではなくいわゆる信用ローンです。
それを活用し、竣工までに20%の購入費用を返済します。
ただし、デベロッパーが資金調達を行うために信用リスクを負って組む独自のローンですので、資金が集まり建設が進めばこのようなローンを適用しなくなります。

竣工後(直前)の出口戦略

投資出口戦略図2
海外不動産、特にマレーシアやフィリピンなどのASENA新興国での投資物件は建設中に投資をし、竣工後にどのような投資益を狙っていくかを考える事が一般的です。
竣工までの間にローンを組む必要がなく少ない自己資金で投資ができる「アビダ タワー リアラ」は、出口戦略を固める事でレバレッジを効かせる事ができると言えます。